ネズミ

ネズミ駆除を自力でするには?おすすめの対策方法を解説

ネズミは家庭や店舗にとって厄介な害獣であり、彼らがもたらす被害は深刻です。
食品の汚染や建物の損傷、病気の拡散など、放置しておくと大きな問題に発展する可能性があります。
この記事では、ネズミ駆除を自力で行うための具体的な方法とそのポイントを初心者にも分かりやすく解説します。

自力で行うネズミ駆除の基本手順

ネズミ

ネズミの痕跡を確認

まず、ネズミの存在を確認するために以下の痕跡を探します。

  • フン:ネズミのフンは小さな黒い粒状で、台所や食品庫、物置などで見つかることが多いです。
  • かじられた跡:家具や配線、食べ物の包装などにかじられた痕跡があります。
  • 足跡:埃の上に小さな足跡が残っていることがあります。特に、砂糖や粉類を散らしておくと、足跡が確認しやすくなります。

食料と水の管理

ネズミが寄り付かないように、次の点に注意します。

  • 食べ物は密閉容器に保管:ネズミは非常に鋭い嗅覚を持っており、食べ物の匂いに引き寄せられます。食品は必ず密閉容器に入れ、出しっぱなしにしないようにしましょう。
  • ゴミは蓋付きのゴミ箱に捨てる:ゴミ箱に蓋が付いていないと、ネズミがゴミを漁りやすくなります。蓋付きのゴミ箱を使用し、ゴミはこまめに捨てることが重要です。
  • 水分の供給源をなくす:ネズミは水を必要とします。漏れた水道管や放置された水を取り除くことで、ネズミが居心地の良い環境を作らないようにします。

隠れ場所の排除

不要な物を整理し、ネズミの隠れ場所をなくします。特に以下の点に注意します。

  • 物置や倉庫を定期的に整理:使わない物を溜め込むと、ネズミの隠れ場所となります。定期的に整理し、不要な物は捨てるようにしましょう。
  • 床や壁に沿って物を積み重ねない:ネズミは狭い隙間を好みます。壁や床に沿って物を積み重ねると、ネズミが隠れやすくなります。

侵入経路の封鎖

ネズミの侵入を防ぐために、建物の隙間や穴を塞ぎます。

  • パテや金網を使って隙間を埋める:建物の外壁や屋根、床下などの隙間をパテや金網で塞ぎます。特に、配管の周りや換気口などの小さな隙間にも注意が必要です。
  • ドアや窓の隙間にブラシストリップを取り付ける:ドアや窓の隙間からネズミが侵入することがあります。ブラシストリップを取り付けることで、隙間を効果的に封鎖できます。

効果的なネズミ駆除の道具と方法

ネズミ

トラップの設置

スナップトラップ

スナップトラップはネズミが触れると瞬時に駆除できるトラップです。即効性があり、設置も比較的簡単です。以下の点に注意して設置しましょう。

  • ネズミの通り道に設置する:ネズミは壁際を移動する習性があります。壁際やネズミの痕跡が多い場所に設置すると効果的です。
  • エサを工夫する:チーズやピーナッツバターなど、ネズミが好むエサを使うと効果的です。

粘着トラップ

created by Rinker
イーライフ
¥8,800(2024/07/12 19:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

粘着トラップはネズミを粘着シートで捕獲する方法です。設置が簡単で、見つけたネズミの痕跡に合わせて配置しますが、動物愛護の観点からは注意が必要です。以下の点に注意して使用しましょう。

  • 子供やペットが触れない場所に設置:粘着トラップは子供やペットが触れると危険です。安全な場所に設置することが重要です。
  • 定期的にチェックする:捕獲されたネズミを早めに処理するため、定期的にトラップをチェックします。

駆除剤の使用

毒餌

毒餌はネズミに食べさせることで駆除する方法です。即効性がありますが、ペットや子供がいる環境では使用に注意が必要です。以下の点に注意して使用しましょう。

  • 専用の容器に入れて使用する:毒餌を直接置くのではなく、専用の容器に入れて使用すると安全です。
  • 人間やペットが触れない場所に設置する:毒餌は誤食のリスクがあるため、設置場所に注意が必要です。

忌避剤

created by Rinker
Earth Pharmaceutical
¥699(2024/07/12 06:05:19時点 Amazon調べ-詳細)

忌避剤はネズミが嫌がる成分を含んだ製品で、ネズミを追い払う効果があります。特に、侵入防止に役立ちます。以下の点に注意して使用しましょう。

  • ネズミの通り道にスプレーする:ネズミが通る可能性の高い場所にスプレーすることで、侵入を防ぎます。
  • 効果が持続するように定期的に使用する:忌避剤の効果は一時的なものが多いため、定期的に使用することが重要です。

ネズミの再発を防ぐための対策

ネズミ

清潔な環境の維持

定期的に掃除を行い、食べ物やゴミを適切に管理します。特に以下の点に注意します。

  • 食べ物のカスやこぼれをすぐに掃除する:ネズミは食べ物の匂いに引き寄せられます。食べ物のカスやこぼれをすぐに掃除することで、ネズミの寄り付きやすさを減らします。
  • ゴミを頻繁に捨てる:ゴミ箱の中の食べ物の匂いもネズミを引き寄せる原因となります。ゴミはこまめに捨て、ゴミ箱を清潔に保つことが重要です。
  • キッチンや食事エリアを清潔に保つ:特に食事をする場所や調理する場所は、清潔に保つよう心がけましょう。

建物の点検

定期的に建物の隙間や穴を点検し、補修します。特に次の点に注意します。

  • ドアや窓の周りの隙間をチェックする:ドアや窓の隙間からネズミが侵入することがあるため、定期的にチェックし、必要に応じて修繕します。
  • 屋根や壁の隙間を塞ぐ:屋根や壁の隙間もネズミの侵入経路となるため、しっかりと塞ぐことが重要です。
  • 配管の周りの隙間を確認する:配管の周りにも隙間があることが多いため、定期的に確認し、適切に処置します。

専門業者の定期点検

専門業者による定期的な点検とアドバイスを受けることで、再発を未然に防ぎます。以下の点に注意して専門業者を選びましょう。

  • 信頼できる業者を選ぶ:実績や口コミを確認し、信頼できる業者を選びます。
  • 見積もりを取る:複数の業者から見積もりを取り、料金やサービス内容を比較します。
  • アフターケアの確認:駆除後のアフターケアがしっかりしている業者を選ぶと安心です。

専門業者に依頼する場合のポイント

ネズミ

自力での対策が難しい場合や、ネズミの被害が大きい場合には専門業者に依頼することが効果的です。依頼する際のポイントは以下の通りです。

信頼できる業者を選ぶ

実績や口コミを確認し、信頼できる業者を選びます。以下の点をチェックします。

  • 過去の実績:過去にどのような駆除を行ったかを確認します。
  • 顧客の評価やレビュー:他の顧客からの評価やレビューを参考にします。
  • 業者の専門知識:ネズミ駆除に関する専門知識を持っているかを確認します。

見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取り、料金やサービス内容を比較します。特に以下の点に注意します。

  • 料金の明確さ:料金が明確で、追加料金が発生しないかを確認します。
  • サービス内容の詳細:どのような駆除方法を使用するか、どの程度の範囲で駆除を行うかを確認します。
  • 追加料金の有無:追加料金が発生する可能性があるかどうかを確認します。

アフターケアの確認

駆除後のアフターケアがしっかりしている業者を選ぶと安心です。特に以下の点を確認します。

  • 定期点検の有無:駆除後の定期点検を行ってくれるかどうかを確認します。
  • 保証期間やアフターサービス:駆除後の保証期間やアフターサービスがあるかどうかを確認します。
  • 再発時の対応:再発した場合の対応について確認します。

ネズミ駆除業者おすすめ11社!失敗しないためのポイントや費用相場を解説

ネズミの被害とリスク

ネズミ

食品の汚染

ネズミは食べ物をかじり、その糞や尿で食品を汚染します。
これにより、食中毒の原因となる細菌が繁殖することがあります。
特に、サルモネラ菌やエシェリキア・コリ(大腸菌)などの病原菌が問題となります。
食品が汚染されると、家庭内での健康被害が発生するリスクが高まります。

建物の損傷

ネズミは建物の様々な部分をかじることで損傷を与えます。
特に木材や断熱材、電気配線などが被害を受けやすいです。
これにより、建物の構造が弱くなったり、火災の原因となる電気トラブルが発生する可能性があります。
電気配線をかじられるとショートや火花が発生し、最悪の場合、火災のリスクがあります。

1.3 病気の拡散

ネズミは様々な病原菌を運ぶことが知られています。代表的なものには、サルモネラ症、レプトスピラ症、ハンタウイルス肺症候群などがあります。
これらの病気は、ネズミの糞や尿、さらには直接的な接触を通じて人間に感染することがあります。
ネズミの存在は健康リスクを高めるため、早急な対策が必要です。

ネズミが発生する原因

ネズミ

食料の放置

食べ残しやゴミが適切に管理されていないと、ネズミはこれを食料源として引き寄せられます。
特に台所や食料品の保管場所に注意が必要です。食品は密閉容器に保管し、ゴミは蓋付きのゴミ箱に捨てるようにしましょう。

隠れ場所の提供

物置や不要な物が積み重なっている場所は、ネズミにとって格好の隠れ場所となります。
これにより、繁殖や移動が容易になります。
特に、家の中の収納スペースやガレージ、倉庫などに注意し、定期的に整理整頓を行うことが重要です。

建物の隙間

建物の小さな隙間や穴からネズミが侵入することがあります。
ネズミは体が柔軟で、小さな隙間でも簡単に通り抜けることができます。
ドアや窓、配管の周り、屋根裏などの隙間を定期的にチェックし、必要に応じて修繕することが大切です。

ネズミ駆除は一度行えば終わりではなく、継続的な対策が必要です。
この記事を参考に、自力でのネズミ駆除を実践し、快適な生活環境を守りましょう。

駆除ザウルス

害獣駆除なら駆除ザウルスに相談!
駆除ザウルスは、ネズミ、イタチ、アライグマなどの害獣駆除に対応し、無料の現地調査と見積もり、最長10年の保証を提供しています。
24時間年中無休のカスタマーサポートで緊急対応も可能です。
専門知識と経験豊富なスタッフが、迅速かつ効果的に害獣問題を解決します。
今すぐ公式サイトで詳細を確認し、安心できる住環境を取り戻しましょう!